高橋清美

  • ヘルスケア
  • 未病

いつまでも健康的で美しくいるために必要なこと/高橋清美

はじめまして。管理栄養士の高橋と申します。
これからこちらでコラムを書かせていただくことになりました!
まず始めに簡単に自己紹介と今の活動についてお話させていただきます。

大学卒業後、管理栄養士としてスポーツ栄養の現場や医療機関で4000人以上の栄養指導、保健指導に携わってきました。
その中で予防医学をもっと広めるため、フリーランスの管理栄養士になりました。
今は栄養相談や各地で栄養に関するセミナーをさせていただいています!
相談に来られる方の食事や生活習慣を想像しながらオーダーメイドの相談を意識しています。
また、最新の栄養学を学ぶ中で出会ったミネラルファスティングを自分にも取り入れ、サポートさせていただいております。

食事は誰でも楽しみたい

私個人的には、食事を日々楽しんでいただきたいと思う反面、多くの方に病気になる前から自分の食事や生活に重きを置いて欲しいなと思っています。好きな物を好きなだけ食べる生活が続くとどうなるでしょうか?

日本は予防医学という考え方が先進国の中では遅れていると感じます。欧米ではオーガニックのレストランや食材が手に入る場所もたくさんあり、認知度も上がってきています。
しかし、私達の生活は日々のお仕事や家事、子育てなど慌しく過ごし、ストレス社会と言われる今、自分の体の事は後回しにされている気がします。
本当は「いつまでも健康で、心身ともに美しくいたい」これが私達誰もが願うことだと思います。

そこで、管理栄養士として私のできること、予防医学の大切さを広めたい!と思うようになりました。
欧米の国々は遺伝子や予防医学に関して日本よりも進んでいる先進国です。食品表示や食品添加物、生活環境、環境問題に関しても基準が厳しい国が多く、健康に対する意識も全く違います。

 

 

予防医学とは?

そもそも予防医学とはなんでしょう?
どこかで一度は耳にしたことはあるかと思います。
病気になる前に自分の体と向き合い、予防していこうという医学です。

健康=健体康心

健康とは、「けんたいこうしん」の略であると言われています。
心身共に元気な状態でないと健康とは言えないのです。
小さい子ども達は、朝起きてから、夜寝る瞬間まで毎日を精一杯活動的に動いていますよね?その状態が本当の健康だとしたらどうでしょう?
朝起きるのがつらい、夜にすぐ寝付けない、ストレスから食べ過ぎて太ってしまう、体がだるい、など、私たちは様々な悩みを抱えています。今は病気でなくても、より健康でいつまで元気でい続けるために普段から身体を労わることが予防医学ではないでしょうか?

高いパフォーマンスを求められるアスリートは、体の土台があり、さらにその上に積み重ねて日々トレーニングをしています。しかし、ジュニアアスリートを見ていると、とても健康的とは言えないような状態の子どももたくさんいます。

そんな中、アスリートも取り入れる方が増えている遺伝子分析IDENSILと出会う機会をいただきました。
まだ一般的とは言えない遺伝子検査です。検査をしても普段の生活に活かせないなど、課題も多です。
日本では健康診断など検査を受ける機会はあります。ただ、その検査をした結果を活かして普段の生活に活かしていますか?何か変わりましたか?
本当の目的は検査をして終わりではなく、皆さんに更にその情報を活かして良くなっていただきたいのです。
これからの遺伝子検査もどう活かすかが大切です。

情報がたくさん得られる今だからこそ、家族の健康も自分で手に入れる時代になってきています。これから遺伝子検査を含め、家族や周りの方の生活に活かしていけるような最新の情報をお届けできればと思います。

 

 

高橋清美

高橋清美

管理栄養士としてスポーツや医療機関にて4000人以上の栄養指導に携わってきました。予防医学、スポーツ栄養の栄養相談やセミナー、手軽に取り入れられるお料理の提案をしています。 また最新の栄養学、ミネラルファスティングを自身にも取り入れ、体の中からキレイになるサポートをさせていただいています!

関連記事