三好陽子

  • ヘルスケア
  • 健康促進
  • 未病

血糖値をうまくコントロールするコツ(2/2)/三好陽子

こんにちは、管理栄養士の三好陽子です。
前回は、CDCAL1、PCG1-aの血糖値コントロール方法について、ご紹介させていただきました。

前回コラム>>>「血糖値をうまくコントロールするコツ(1/2)」

今回は、前回の続きとしてAdiponectinの血糖値コントロール方法についてご紹介しましょう。

 

 

Adiponectinにリスクがあるタイプ

Adiponectinにリスクがある人は、インスリン感受性が低くなり、血糖値が上がりやすくなる等の傾向がみられます。
Adiponectinは、脂肪細胞から出る生理活性物質のうちの善玉物質です。
その効果は絶大で、インスリンの効きを良くする、血管を修復する、血管を狭くする脂肪の働きを抑制する等、頼もしい限りです。
しかし、この遺伝子にリスクがある方は、Adiponectinに頼りすぎずないことが必要です。
では、下記にポイントをまとめておきますね。

 

◎脂肪細胞の肥大化に注意する!

 
Adiponectinは、脂肪細胞が大きくなりすぎると分泌が減ってしまいます。
その為にも、適度な運動で筋肉を鍛え、脂肪細胞を大きくなりすぎないよう気を付けましょう。
本当に効果的なダイエットとは、体重を落とすことではなく、脂肪細胞を小さくすることなのです!
 

◎食物繊維から食べて、一気に血糖値を上げない!

 
食物繊維でブドウ糖の吸収を緩やかにする効果があります。
血糖値が一気に上がると、インスリンは躍起になって血糖値を下げようとします。
なぜなら、血糖値が高いままだと、細胞がもろくなりやすくなるからです。
では、下げる為にインスリンは何をするのでしょうか?
血糖値を下げる=肝臓や皮下に貯蔵する
つまり、インスリンが大量(いっぱい)に出ると・・・・・
血糖値をいっぱい下げる=肝臓や皮下にいっぱい貯蔵する
大変ですね・・・一気に血糖値を上げることは、くれぐれも注意しましょう。
 
 

最後になりますが、2回にわたり、血糖値コントロールについて、ご紹介させていただきました。
皆様の参考になれば幸いです。

今後も、コラムを執筆させていただきますので、ご興味あれば、宜しくお願いします。

 

 

【参考文献】
e-ヘルスネット 厚生労働省
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/metabolic/ym-007.html

第一回肥満症サマーセミナー特集 日本肥満学会主催 
http://www.jasso.or.jp/data/topic/topics9_27.pdf

 

三好陽子

三好陽子

管理栄養士。 現在は病院勤務。病院の他にも、エステ、スポーツクラブなど多方面での勤務経験あり。 指導のモットーは、絶対、無理しすぎないこと! 『細く長く続けられることが1番』いうのが信念である。

関連記事