熊谷隆

  • ヘルスケア
  • 未病

高血圧予防(5/6)「血液の粘性が高くなっている!?」の対策について

「高血圧症」シリーズ、5回目のテーマは「ドロドロ血液」

大いなる和の国の榮養研究所の熊谷です。
管理栄養士&セラピストとして『健康づくりの家庭教師』(誰もが本来持っている「なおる力(治る力と直る力)」を復活させて「生き抜く力」「大切な人を守る力」「未来を切り開く力」を引き出すお手伝い事業)活動に尽力しています。体質情報を基にオーダーメイド型の「食カウンセリング」や「整体メニューの提案」を行っています。

過去20年あまりで300万人もの患者数が増えている「高血圧症」について、今回は5回目になります。

第一回>>>「高血圧予防(1/6) まず「血圧」について復習してみましょう」

第二回>>>「高血圧予防(2/6) 血液を送り出す圧力を強くしなければならない原因を整理しよう」

第三回>>>「高血圧予防(3/6)「血管が狭くなっている!?」の対策について」

第四回>>>「高血圧予防(4/6)「血管が硬くなっている!?」の対策について」

今回はいわゆる「ドロドロ血液」と高血圧についてがテーマです。

高血圧症は「心臓肥大」や「動脈硬化」。更に脳卒中、心筋梗塞、心不全、動脈瘤、腎不全などの循環器に関わる病気に繋がる可能性が高い症状だと言われています。それだけに予防が重要です。

遺伝子検査では「高血圧」に関連する
・血管が硬くなりやすいリスク
・血液が固まりやすいリスク←今回のテーマに関連するところです!
・ナトリウムに反応して筋肉が収縮しやすいリスク
などを知ることができます。

今回の「血液の粘性が高くなっている!?」の対策について・・・
は「血液が固まりやすいリスク」との関連性が高い内容になります。

 

「ドロドロ血液」とは?

このシリーズでは毎回、書いていますがこのコラムから読み始めている読者のためにおさらいです。
心臓が血液を送る圧力を高くしなければならない4つの理由は・・・
↓↓
①血管が狭くなっている!?
②血管が硬くなっている!?
③血液の粘性が高くなっている!?←今回のテーマ!!「ドロドロ血液」
④ナトリウムに反応して血管の筋肉が収縮する
です。

良く耳にする「ドロドロ血液」とはどの様な状態を言うのでしょうか?

❏食べ過ぎたり、お酒を飲み過ぎたり等の原因で血液中の「糖質」「脂質」「タンパク質」が増えた状態
※血糖値が高い状態が続くと赤血球が硬くなり細い血管などが通りにくくなります。
❏水分不足や脱水状態などで血液中の液体成分が少なくなり、赤血球の割合が多くなった状態
❏何らかの原因で赤血球などの成分が変形してうまく流れない状態
❏血管に傷がつき、その修復で血小板が集まる事で血流が滞った状態
❏風邪などで體に炎症反応が起こると細菌を探す白血球が増えます。増えた白血球が血管に付着することで血流が滞った状態

以上の他にも「ストレス」や「喫煙」が血液の粘性を高めるとも言われています。

 

 

予防や「食生活」と「生活習慣」

ドロドロ血液の状態を見るだけで何が良くないのか想像がつくのでは無いでしょうか?
食生活の観点から見ると以下の3つでしょうか?
水分不足
血糖値を高くする特性のある「糖質」をたくさん摂る
動物性の食品を多く食べる

血液をサラサラにする食生活に関する合言葉をご紹介しますね。
「お・さ・か・な・す・き・や・ね」です。

「お」お茶
お茶などに含まれるカテキンはコレステロール値、中性脂肪、血糖値を下げ、また抗酸化作用もあると言われています。

「さ」魚
青魚に多く含まれるDHAやEPAが血液中の余計なコレステロールを減らしてくれると言われています。

「か」海藻
海藻に含まれる水溶性の食物繊維が中性脂肪を吸着して排出するのを助けてくれます。
また、海藻類には代謝を促すビタミンやミネラル類を多く含んでいます。

「な」納豆
納豆に含まれる酵素「ナットウキナーゼ」には血栓を溶かす働きがあると言われています。
また、脂質の代謝に不可欠なビタミンB12も多く含んでいます。

「す」酢
クエン酸には老廃物の排泄を促進し、コレステロールや脂肪の分解を早めてくれると言われています。

「き」きのこ
きのこ類に含まれる豊富な食物繊維やβ-グルカンは白血球を活性化させ、更に血糖やコレステロールの増加を防ぐと言われています。

「や」野菜
海藻類やきのこ類同様、野菜には多くのビタミンやミネラル、食物繊維が含まれています。
これらjは各栄養素の代謝の促進に不可欠です。

「ね」ネギ
ネギや玉ねぎ、にんにくなどに含まれる特有の「ツン」とした匂いの成分であるアリシンには血小板の凝集を抑制したり、血栓の予防、活性酸素を抑える作用があると言われています。

 

毎日の食生活に「おさかなすきやね」を参考にしつつ、ストレスを抱えすぎない規則正しい生活習慣が「ドロドロ血液」の予防には良いようですね!!

 

 

次のコラムへ>>>「高血圧予防(6/6)「ナトリウムに反応して血管の筋肉が収縮する!?」の対策について」

 

 

 

熊谷隆

熊谷隆

熊谷隆(くまがい たかし) 大いなる和の国の榮養研究所 主宰 管理栄養士、JSセラピスト 「施術」「和の榮養教室」「食生活の最適化支援」による 【JSプログラム】で「元氣に未来を切り開く強さ」を取り戻す支援に従事している。

関連記事