熊谷隆

  • ヘルスケア
  • 健康促進

基本の食の「型」実践編⑥~腸活のススメ~/熊谷隆

「まごわやさしい」の「し」のお話しです

大いなる和の国の榮養研究所の熊谷です。
管理栄養士&セラピストとして『癒しの力』(誰もが本来持っている「なおる力(治る力と直る力)」と「なおす力(治す力と直す力)」を取り戻し「生き抜く力」「大切な人を守る力」「未来を切り開く力」を引き出す力)を広める活動に尽力しています。体質情報を基にしたオーダーメイド型の「食カウンセリング」や独自で開発した「整体メニューの提案」を行っています。

管理栄養士として使い勝手の良い指針「まごわやさしい」の実践編。
6回目の今回は「まごわやさしい」の「し」のお話しです!

>>>「基本の食の「型」(6)まごわやさしい」

第一回>>>「基本の食の「型」実践編①~心と體に「味噌汁」のススメ(1/3)「お味噌」~」

第二回>>>「基本の食の「型」実践編②~心と體に「味噌汁」のススメ(2/3)「お出汁」~」

第三回>>>「基本の食の「型」実践編③~心と體に「味噌汁」のススメ(3/3)「具材」~」

第四回>>>「基本の食の「型」実践編④~脳と細胞に大切な「脂肪酸」について~」

第五回>>>「基本の食の「型」実践編⑤~海は栄養の宝箱~」

 

 

「し」は「しいたけ」をはじめとしたきのこ類です

 

 

しいたけ(椎茸)をはじめとした「きのこ類」も日本の食文化には欠かせない食材ですね。
きのこ類は乾燥させてお出汁として活用すると同時に水に戻した状態で食材としても復活します。
お味噌汁以外の汁もの、煮物料理に活躍します。

 

 

豊富な「食物繊維」で腸活を!

 

 

わかめ等の海藻類同様にビタミン・ミネラル・食物繊維と言った現代人が不足し易い栄養素が豊富な食べ物がきのこ類なのです。天日で干したきのこ類にビタミンDが多いのは有名ですね!ビタミンDはカルシウムの吸収を促進しますのでわかめ等の海藻類に多いカルシウムを歯や骨に吸着させて丈夫にしてくれます。あまり乳製品を摂って来なかった日本人ですが、「海の幸」「山の幸」自然の力(海や天日)を「いただく」事で必要な栄養素を補って来たことが垣間見えますね。また高血圧に効果のあるカリウムをはじめとしたミネラル類も多いのも特徴的です。現代人が不足しがちな栄養素をふんだんに持ち合わせているきのこ類、こちらも乾燥させて乾物としても利用が出来ますので海藻類や豆類等と併せて活用したいものですね。

最後に食物繊維と腸活について!

最近腸内フローラ(腸内細菌叢)が注目されています。
腸内の善玉菌が体調管理に一役かっていると言う科学的なデータが数多く出て来ているので注目の分野です。

食物繊維は腸内細菌の特に善玉菌のエサとなって善玉菌が活躍する環境を整える役目を果たすとも言われています。そして善玉菌の働きが免疫力の向上に関わっていると言うデータも次々と発表されている様です。

ひと昔前、食物繊維に栄養的な働きはしないと判断され無駄な成分だと言われていた時期もあった様です。しかし、科学の進歩によってこうして大切な役目を果たす事がわかって来ました。栄養学的に評価が翻った成分も過去にはたくさんあります。きっと今後も同じことが起きる事でしょう。

栄養学的な指標を参考にしつつ、同時に長い長い歴史の中から培われた食の知恵と技術を上手に取り入れて豊かな人生を送りたいものですね。

 

 

次のコラムへ>>>「基本の食の「型」実践編⑦~人類の主食~」

 

 

熊谷隆

熊谷隆

熊谷隆(くまがい たかし) 大いなる和の国の榮養研究所 主宰 管理栄養士、JSセラピスト 「施術」「和の榮養教室」「食生活の最適化支援」による 【JSプログラム】で「元氣に未来を切り開く強さ」を取り戻す支援に従事している。

関連記事