大森 大

  • ボディメイク

体幹トレーニングについて(3/6)/大森大

 

みなさんこんにちは。
フィジカルトレーナーの大森です。

長期コラムとして、最近よりは皆さんが良く耳にする「体幹トレーニング」についてお伝えしています。

第一回>>>体幹トレーニングについて(1/6)

第二回>>>体幹トレーニングについて(2/6)

なぜ体幹トレーニングが必要なのか?
体幹トレーニングを行うだけで良いのか?
そもそもなぜ体幹が弱くなっているのか?

などの本質を考えながら進めていますが、なかなか本題に入れません笑。

今回はトレーナーとしてよく質問がある、「最近お腹が出てきたけど、腹筋をすれば解消できますか?」という内容についてお伝えさせていただきます。

あっ!!
あまり興味が内容でしたら、本題の方を進めますが…

聞きたいですよね笑

 

 

「最近お腹が出てきたけど、腹筋をすれば解消できるか?」

答えは簡単です!!

できません!!

簡単に考えてみます。

以下の人には体幹トレーニングでお腹がへこむ可能性はあります。
〇腹筋(腹圧)が弱くなって、身体の内臓を支えられていない人
〇反り腰でお腹が出ているように見える人

逆に以下の人は体幹トレーニングでお腹はへこみません
〇内臓脂肪がたくさん蓄積している人
〇お腹まわりも含め、皮下脂肪が多く蓄積している人

上記の方がお腹をへこませるためには、体幹トレーニングではありません。

痩せてください!!
正確には内臓脂肪や皮下脂肪を減らしてください!!
それしかないです笑。

日々の生活習慣が自分の身体をつくります。
ぜひ生活習慣を見直しましょう!!

ちなみに最近私もお腹が…
がんばります!!

では!!

 

 

次のコラムへ>>>「体幹トレーニングについて(4/6)」

 

 

大森 大

大森 大

Jrアスリート、アスリート専門トレー二ング&コンディショニングジム「SOSアスリートラボ」代表。横須賀市を中心に「諦めるか、挑むか。その選択があなたの人生を決める。」を理念に活動し、Jrアスリート・アスリートの障害の予防と競技力向上に努めている。

関連記事