大森 大

遺伝と加齢について/大森大

 

 

はじめまして。

フィジカルトレーナーの大森と申します。

専門はアスリートの障害予防や競技力向上のためのトレーニング指導です。

これまで子どもから一般、高齢者まで幅広い世代を運動指導してきました。

その経験から得た情報を少しずつ発信していきます。

ぜひ、みなさんの健康や体づくりにお役立ていただければ幸いです。

 

 

さて、長年運動指導をしているとある傾向が見えてきます。

それは「体の変化(体型など)」についてある固定観念があるように感じます。

それは…

 

若年者は「遺伝」のせいにする

年齢が高くなると「加齢」のせいにする

 

例えば…

 

太りやすい遺伝(脂肪を蓄えやすい遺伝子、エネルギーを消費しにくい遺伝)はあっても、「太る遺伝」はありません。

その遺伝子を持っていたら、必ず全員が太るということは考えにくいですよね。

 

また「加齢で太る」ということもありません。

加齢によって筋肉量の減少などによるエネルギー消費量が減ることはあっても、年を重ねるごとに太りやすくなるということはありません。

年を取ったら全員太るということはないですよね。

 

ここではあえて「太る」ということを題材にしましたが、多くの身体の変化は遺伝や加齢によって起こるのではなく、生活習慣によって起こることがほとんどです。

 

もちろん、遺伝や加齢による原因がないと言っているわけではありません。

その遺伝や加齢の状況を把握していれば、生活習慣で十分予防ができると言いたいのです。

ぜひ、自分を見つめ直し、行動を起こすきっかけを作ってくださいね。

 

今回のコラムのポイント

遺伝や加齢は変化の一員でしかない

変化の多くは生活習慣によるものである

大森 大

大森 大

アスリート、アスリート専門トレー二ング&コンディショニングジム「SOSアスリートラボ」代表横須賀市を中心に「諦めるか、挑むか。その選択があなたの人生を決める。」を理念に活動し、Jrアスリート・アスリートの障害の予防と競技力向上に努めている。

関連記事