國友英治

遺伝を知る。その使い方 國友英治

調べて終わりでは何の役にも立たない。活用してこそ

こんにちは。

千葉県の松戸市で鍼灸院を営んでおります國友と申します。

遺伝の検査キットを販売していて多い質問が

• 血液じゃないんですね(唾液です)
• こんなに項目が調べられるんですね(カスタマイズも可能です)

など驚きを示されることが多いです。
DNA鑑定のイメージが強いのか、血縁者とか、犯罪者の鑑定の質問もたまに受けます。また、病院で行っている、遺伝子診断のことも聞かれることがあります。

遺伝子を調べていることに変わりはありませんが、どの遺伝子を調べているのか?という部分がポイントです。ですので、項目によって調べる遺伝子が違うということになります。

今回は50代男性で、マラソンのタイムをあげたい、サブ4(フルマラソンで4時間を切ること)
を達成したいという選手のコンディショニングでアスリート版を導入しました。

 

 

体質と、現在の生活習慣を比較しタイムアップのトレーニングメニューの提案や変更。栄養摂取へのアドバイスを実施します。

IDENSILの良いところは、業務用に特化しているという点です。
現在の生活チェックと、遺伝子の結果を比較しトレーナーさんや治療家の方がしっかりアドバイスや
修正をしていくという点です。ただ調べて終わりでは何の役にも立ちません。
へぇーそうなんだ。で終わりですね。

知って、活用する。
クライアント様の生活習慣を見直しを行い、トレーニングや健康管理に役立てていただく。

練習メニューは大幅に変更になりました。
また、普段の食生活も見直しているので、サブ4達成が楽しみです。 

國友英治

國友英治

株式会社ユアストーリー / 國友英治 理学療法士

関連記事