大森 大

  • ボディメイク

自分に合ったトレーニングを探すのためのポイント(1/5)/大森大

 

 

みなさんこんにちは。
フィジカルトレーナーの大森です。
約40本ほどのコラムを書かせていただきましたが、みなさまのお口に合いましたでしょうか笑

今回の【自分に合ったトレーニングを探すためのポイント】が最終回となります。
全5回となりますが、私がトレーナー歴18年のプロのトレーナーとして、みなさまに自分に合ったトレーニングを探すための5つのポイントをお伝えしていきます。

 

今回のポイント

〇楽しさを求めない

トレーニングや運動は楽しくなければ続かないという人が多くいます。
運動指導者の中にも、楽しさを第一に考えている人も多いです。

でもですね。
ハッキリ言います。

プロのなかでもマニアックな分類な私が言います笑。

楽しくても続きません。
楽しいものが『他』にできたら、その他の楽しいものに気が向き、結局は続かないのです。
例えば、ドラマや映画にハマった。
今は読書の秋。食欲の秋。
飲み会シーズンなど、楽しいものがより上を行ってしまうのです。

そもそも、指導者の目指す『楽しさ』というのはなんなのでしょう。
楽しさとは『人それぞれ』なのに、指導者のエゴで楽しさを追求するというのはいかがなものでしょう。
もちろん、『楽しくできる』ことは重要です。
でも、楽しさとは『味覚』などと一緒で人それぞれなのです。
人それぞれのものを、指導者側の勝手な感覚で『楽しいであろう』と思い込むのが怖いです。
本来、楽しさとは…

人が与えるものでなく

自分で感じるもの。

私はそう思っています。
ですから、人から与えられた楽しさを受け止めるのではなく、自分自身でときめくものを探していくことが重要です。
それには自分の内なるものに目を向けなきゃですね。

そして、例えときめきがなくても、自分の未来の設計図に必要だと思われるモノには投資をしましょう。
きっと後から、投資した分、自分に返ってきます。

少し、難しい話になってしまいました笑。
たまにはまじめな話をする大森です笑。

今の満足を得るか。
未来に投資するか。

これによって変わりますね。
楽しさはどちらかというと前者のためにあります。
後者は後から得られるもの。

どちらかというと長く続くのは後者ですね。

ということは…
自分にあったトレーニングっていうのは今すぐにはわからない!?…

それはまた次回のお楽しみ。
では!!

 

 

次のコラムへ>>>「自分に合ったトレーニングを探すのためのポイント(2/5)」

 

 

大森 大

大森 大

Jrアスリート、アスリート専門トレー二ング&コンディショニングジム「SOSアスリートラボ」代表。横須賀市を中心に「諦めるか、挑むか。その選択があなたの人生を決める。」を理念に活動し、Jrアスリート・アスリートの障害の予防と競技力向上に努めている。

関連記事