熊谷隆

  • ヘルスケア
  • 健康促進

基本の食の「型」(3)-3~乾物・だし/熊谷隆

おさらい

大いなる和の国の榮養研究所の熊谷です。
管理栄養士&セラピストとして『健康づくりの家庭教師』(誰もが本来持っている「なおる力(治る力と直る力)」を復活させて「生き抜く力」「大切な人を守る力」「未来を切り開く力」を引き出すお手伝い事業)活動に尽力しています。体質情報を基にオーダーメイド型の「食カウンセリング」や「整体メニューの提案」を行っています。

【基本の食の「型」×遺伝子検査=オーダーメイド型栄養指導の実現】

と言う事でわたしが提案している基本の食の「型」について書かせていただいています。
少しおさらいしてみましょう。

基本の食の「型」7項目

わたしが栄養士活動で提案している基本の食の「型」にはポイントが7つ有ります。

①旬を食べる

②地産地消/土産土崩~郷土食・県民食のススメ

>>>基本の食の「型」(1)(2)~旬を食べる、地産地消

③-1まるごと食べる、無駄なく食べる

>>>「基本の食の「型」(3)~まるごと食べる、無駄なく食べる」

③-2発酵食品

>>>「基本の食の「型」(3)-2~発酵食品」

③-3乾物~乾燥の知恵

④「ご飯」+「お味噌汁」+「お漬物」と言う最強の組み合わせ

⑤主食を充実させよう

⑥まごわやさしい

⑦日常食と行事食

 

今回はこの中の<③-3乾物~乾燥の知恵>についてお送りいたします。

 

 

 

どこまでも貫かれている「もったいない」の心

基本の食の「型」は日本人の心と體を支えてきた和食文化をベースに栄養学の科学的な裏付けを下支えにして考えていく中で見えて来た形であり「型」です。
こうして改めて整理していくとどこまでも日本人の「もったいない」の心が和食文化には貫かれていると言う事を確認する事が出来ます。現代社会の様に科学が発達していなかった故に自然と共に生きる事が人間として生き抜く道であると悟った日本人の深い智恵を感じます。

母なる大地、自然からの恵みである「食物」が「人間」としての自分自身そして自分の大切な家族、更に子孫へ命を繋ぐ重要かつ貴重な「糧」でありました。この命の糧を少しも無駄にする事は出来ない!と言う「誓い」「祈り」の様なものを和食文化の根底に感じるのはわたしだけでしょうか・・・

 

 

おてんとうさまと風の力

乾物は乾燥によって食物から水分を飛ばして腐敗菌の繁殖を防ぐ事によって「食物」として長く保つ技術です。
豆類、海藻類、きのこ類、魚介類から野菜や果物までこの技術で保存力が高まり、ものによっては栄養価も高まります。その作用は太陽(おてとうさま)の熱、暖かさと風の力によるものです。

鰹節の様に下準備を整えて乾燥の力とカビによる発酵の力の両方の技術をフル活用して創られる乾物もありますが、乾物は今では「干し野菜」の様な形で一般のご家庭でも活用出来る便利な技術となっています。

2019年は台風などの自然災害が多かった日本ですが、もともと日本は海に囲まれ火山の多い地域がらから自然災害の多い国でした。そういう時も乾物は「水に戻す」だけで食べ物としての価値を発揮してくれる事から命を守る元祖保存食とも言えるでしょう。

最後に、この乾物によって和食文化に大きな影響を与えた「出汁(だし)」について・・・

 

 

タンパク質の栄養の時にアミノ酸について詳しく書かせて頂きました。

>>>「タンパク質の栄養について(2/3)~アミノ酸スコアとアミノ酸プール」

出汁の成分はそのアミノ酸の「グルタミン酸」「イノシン酸」「グアニル酸」であり、これが旨味を醸し出し、料理の味に深みを与えてくれるのです。

調味として重要なこの旨味成分のアミノ酸ですが、人間の體のほとんどがタンパク質から出来ている様に旨味を味わいながら「栄養分」をしっかり補う智恵も含まれているわけです。

乾物、出汁を活用する事で榮養状態も良好となり食欲も満たされます!!
是非とも普段の食生活に取り入れて欲しいと思います。

 

 

次のコラムへ>>>「基本の食の「型」(4)「ご飯」+「お味噌汁」+「お漬物」と言う最強の組み合わせ」

 

 

 

熊谷隆

熊谷隆

熊谷隆(くまがい たかし) 大いなる和の国の榮養研究所 主宰 管理栄養士、JSセラピスト 「施術」「和の榮養教室」「食生活の最適化支援」による 【JSプログラム】で「元氣に未来を切り開く強さ」を取り戻す支援に従事している。

関連記事