蓬田味夏

  • アンチエイジング
  • ヘルスケア
  • 未病

抗酸化の食品はどんなもの?(2/2)/蓬田味夏

毎日生活の中でどうしても「ストレス」というのは生じます。ストレスは免疫力の低下をまねき、体調不良を起こしてしまいます。

前回コラム>>>ストレスに負けない!「抗酸化」とは?(1/2)

ストレスの解消方法は皆さんそれぞれお持ちかもしれませんが、食べ物でもストレスケアをする事ができるのです。
今回はストレスケアができる食品のお話です。

 

 

 

「活性酸素」 と 「抗酸化防御機構」

ストレスで免疫力が下がってしまうのには「活性酸素」が関わってきます。
からだの中の活性酸素は健康のために必要なのですが、多くなってしまうと細胞を傷つけ、免疫力が下がったり、様々な病気を引き起こしてしまいます。活性酸素の余分な攻撃を防御する「抗酸化防御機構」とのバランスが大切なのです。
「抗酸化防御機構」はからだの中にも備わっていますが、外から抗酸化物質を摂り入れることもできます。具体的にどんな抗酸化物質があるのでしょうか。

 

 

摂り入れよう!「抗酸化物質」

ビタミンC

聞き覚えがある身近なビタミンですね。
ブロッコリーや菜の花、オレンジ、キウイフルーツ、カリフラワー、赤ピーマンやじゃがいもに多く含まれます。
ブロッコリー・菜の花・カリフラワー・赤ピーマンなら100g、オレンジ・キウイフルーツ・じゃがいもなら1個で約一日分のビタミンCを摂ることができます。
ビタミンCは食べてからからだの外に排出させる時間が短いので、一度に摂るのではなく、分けて摂るとよいです。また、熱に弱いので調理する時に注意も必要です。じゃがいもなどの芋類は熱によるビタミンCの損失が少ないのが特徴です。

 

ビタミンE

ビタミンEはアーモンド、かぼちゃ、うなぎのかば焼き、アボカドに多く含まれます。
アーモンド30g、かぼちゃ150g、うなぎのかば焼き1串分、アボカド200gで約一日分の量を摂ることができます。
ただ、脂溶性のビタミンですので食べ過ぎには注意しましょう。
ビタミンCとお互いの酸化を防ぐので一緒に摂ると相乗効果が期待できます。

 

カロテノイド

・にんじん、かぼちゃ、ほうれん草など色の濃い野菜の緑黄色野菜に含まれるβ‐カロテン
・えび、かに、鮭、ますなどの赤色のアスタキサンチン などがあります。

 

ポリフェノール

・ブルーベリーや黒豆、赤ワイン、プルーンなど青紫の色素をもつアントシアニン
・大豆に含まれるイソフラボンやサポニン
・ごまのセサミオール
・そばのルチン
・緑茶のカテキンや烏龍茶や紅茶のタンニン などがあります。

 

どれも意識さえすれば抗酸化には十分な量を摂る事ができますよ。

 

バランスの良い食事、適度な運動や睡眠で良好な「抗酸化防御機構」を保つことができます。
抗酸化物質を摂り入れて、ストレスに負けない健康で美しいからだを目指しましょう!

 

 

 

蓬田味夏

蓬田味夏

「みんなのからだはみんなが食べたものでできているんだよ」 「野菜も好きになってたくさん食べようね」 子ども達には言っているけど大人がやっていない事、案外多いと思います。 『自分が食べたもので自分の体はできている』 明日、一ヵ月、一年後の自分のためにちょっとやってみようかな、そのきっかけになれるよう、楽しく、わかりやすい栄養の情報をお伝えしていきます。

関連記事