田中美由紀

  • ヘルスケア
  • 未病

コレステロールって大事です

こんにちは。管理栄養士の田中美由紀です。

高精度遺伝子分析サービス“イデンシル”では、「コレステロール値が乱れやすいか」について自分の体質を確認できる項目があります。

コレステロールには、善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)があり、それぞれに基準値があります。また、2つの比率も大切です。

脂質異常症は、血液中の悪玉コレステロール(LDL)や中性脂肪が増えすぎた状態、または善玉コレステロール(HDL)が少なすぎる状態で、動脈硬化(血管の壁が硬くもろくなったり、狭くなったり、曲がったりすること)の原因にもなります。動脈硬化は様々な病気を引き起こします。

この善玉コレステロール(HDL)が作られにくい体質、悪玉コレステロール(LDL)が増えやすい体質の方がいます。

 

 

コレステロールとは?

コレステロールは脂質の仲間で、生体活動に欠かせないものです。
コレステロールは全身の細胞の膜を作る成分になったり、ホルモン(男性、女性ホルモン、副腎皮質ホルモンなど)になったり、脂肪の消化を助ける胆汁酸になったりします。体内でビタミンDを合成するのにも必要です。

約70%は肝臓で作られ、食事からは摂っているのは30%です。通常、食事から摂るコレステロールの量が増えると体のなかで作られる量は少なくなり、余分なコレステロールは体の外へ排出されて、血液中のコレステロール濃度は正常な範囲で維持されています。

ですが、長い間大量に摂り続けたり、体のなかで作られる量が増えたり、加齢や病気でコレステロールの濃度を調節する機能が低下したりすると、血液中のコレステロール値が高くなってしまいます。

 

 

善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)

 

 

コレステロールは脂肪の仲間なので、そのままでは血液に溶けません。そのため、たんぱく質と結びついて水に溶けやすい形となり、それに中性脂肪もくっついて、血液の流れに乗ります。これらを善玉コレステロール(HDL)または悪玉コレステロール(LDL)と呼びます。

食事から摂ったコレステロールは肝臓にたまるので、肝臓で作られるものと合わせて肝臓から全身の組織に運ばれます。悪玉コレステロール(LDL)は肝臓から出発して、コレステロールを全身に届けるために運ぶ役割をしています。善玉コレステロール(HDL)は体の細胞から使われなくなったコレステロールを肝臓に戻すために運んでいます。肝臓に戻ったコレステロールは、胆汁酸となって十二指腸に排泄され、最終的には便のなかに排泄されます。

 

 

善玉コレステロール(HDL)を低下させないようにするには?

・運動不足の場合は有酸素運動をする

・中性脂肪を減らすアプローチをする

中性脂肪の値が高いと善玉コレステロール(HDL)の値は低くなってしまうため。

なぜ中性脂肪が高いかにより、対処方法が違うので詳しくは専門家に

・動物性たんぱく質(肉や卵など)を極端に避けない

・リノール酸を摂り過ぎない

リノール酸は紅花油、大豆油、コーン油、ごま油などに含まれる

 

 

悪玉コレステロール(LDL)値を上がりにくくするには?

・飽和脂肪酸(動物性脂肪に多く含まれる油脂)を摂り過ぎない

動物性脂肪の摂取を減らすには…

・目に見える脂身や鶏肉の皮は除く

・脂肪の少ない肉(ヒレ、モモ、ささみなど)を選ぶ

・ラード(豚の脂)やヘッド(牛の脂)を含むカレー、ラーメン、チャーハンなどを控える

・バター、生クリームを多く含む洋食、洋菓子やパンを控える

・牛乳は低脂肪乳かスキムミルクに置き換える

・DHAを含む食品(マグロの脂身、青魚など)を食べる

 

健康を維持するのに欠かせない大事なコレステロールですが、必要以上に多かったり、少なかったりすると万病のもとである動脈硬化の原因になってしまいます。ご自身の血液検査の数値を気に留めましょう。

 

 

 

田中美由紀

田中美由紀

『食事から、自分自身を大事にしてほしい』という思いで、管理栄養士の活動をしています。日本抗加齢医学会所属、アンチエイジングで老若男女、健康的な生活を送ってほしいという願いを持っています。 趣味は、薬膳料理。国際薬膳師、フードコーディネーター。

関連記事