橋本歩

  • ダイエット
  • ヘルスケア

太りにくい体になる食べ方のコツ/橋本歩

こんにちは。管理栄養士の橋本です。
いつも通りの食生活なのに、なんだか太ってきたかも・・・ちょっと食べ過ぎたのかな?と感じることはありませんか?ダイエットを開始するとき、まず食生活の見直しが大切です。食べたものが脂肪に変わるその前に、食べ方のコツを覚えて、太りにくい体作りを始めましょう。
イデンシルでは体脂肪が蓄積や満腹中枢の制御について判定することができます。では早速考えてみましょう。

 

 

血糖値と体脂肪の関係

 

 

私たちは食べ物が体に入ると、血糖値が上昇します。血糖値の上昇が急激に起こると、体脂肪がつきやすくなるため、できるだけ緩やかに上昇させることがダイエットのポイントになります。

いつも食事をするとき、食べる時間はどのくらいでしょうか?時間がないときや空腹感が強いときなど、早食いになってしまうことはありませんか?早食いは血糖値の急上昇につながります。人は脳の満腹中枢が満腹感を感じるのに20分かかると言われています。20分以内で食べ終わってしまう人は、早食いの傾向にあるかもしれません。ゆっくり食べることを意識してみましょう。

 

ゆっくり食べるコツ① 食感のある食材を選ぶ

軟らかい食べ物ばかりでは噛む回数が少なくなってしまいます。ちょっと歯ごたえがある食材を取り入れてみましょう。例えば、にんじん、大根、ゴボウといった根菜類はよく噛める野菜です。大きめにカットすると、より噛む回数も多くなります。またブロッコリーを茹でるときに、ゆで時間を短くし、固めに仕上げるのもおすすめです。食物繊維が豊富なキノコ類、こんにゃく類、昆布やわかめなどの海藻類などは歯ごたえがありますよね。低カロリーなのもうれしい点です。自然とゆっくり食べることにつながりますので、これらの食材を食卓に並べてみましょう。

 

ゆっくり食べるコツ② 30回を目標に噛む

では何回噛んだらいいの?という人は、30回を目標にしてみましょう。30回噛むことで食材が細かく砕かれ、消化を促し、胃腸にも優しい食べ方になります。
1,2,3・・・と数えるのは大変だなというときは、ひと噛みごとに「あ・り・が・と・う・ご・ざ・い・ま・す」と心の中で唱えてみましょう。これだけで10回噛むことになります。3回繰り返すと、30回噛むことになりますよね。食事を作ってくれた人や、食べ物への感謝の気持ちも生まれます。

 

ゆっくり食べるコツ③ 楽しみながら食べる

仕事の合間にササッと食べてしまうと、食事もおいしく感じられませんよね。せっかくの食事タイムです。ちょっと手を休めて、ゆっくりと楽しむように意識してみましょう。

ゆっくり食べるコツを心がけながら、血糖値の急上昇を防ぎ、太りにくい体を目指しましょう。

 

 

 

 

橋本歩

橋本歩

毎日の生活に欠かせない食を通じて、美味しく楽しく健康にモットーに食生活をサポートします。 いつもの食生活にちょっとの工夫をプラスして、健康な体作りのお手伝いをいたします。

関連記事