橋本歩

  • ヘルスケア
  • 健康促進

生活習慣を見直してストレスフリーを目指しましょう

こんにちは。管理栄養士の橋本です。

仕事や家事育児、人間関係など私たちの身の回りにはストレスの原因が多く存在します。心が疲れる前に、生活習慣を見直してみませんか?ストレスは食生活や睡眠といった生活習慣と密接な関わりがあります。

イデンシルではストレス・疲労に関する遺伝子について知ることができます。では早速考えてみましょう。

 

ストレスと食生活

 

 

日々の生活の中でストレスを感じることは多くありますよね。悩み事などの精神的なストレスや、身体的な疲れからくるストレスなど様々です。

リラックスして疲労回復させるのが一番ですが、食生活を見直すこともストレス解消につながります。

脳内の神経伝達物質であるセロトニンは、これらのストレスをコントロールしていると言われています。

このセロトニンの元となるのが、必須アミノ酸の一つであるトリプトファンです。このトリプトファンを体内に取り入れて、セロトニンの分泌を促してストレスを軽減させましょう。

 

トリプトファンを含む食材とは?

 

 

たんぱく質に含まれるアミノ酸であるトリプトファンは、主に牛乳やヨーグルトなどの乳製品や豆腐、豆乳などの大豆製品、アーモンドなどのナッツ類に多く含まれています。

少し疲れを感じたときは、これらの食材を意識して摂ってみるのもおすすめです。

 

睡眠の質を改善させる

 

 

ゆっくり休息することはストレス解消につながります。質のよい睡眠を心がけるには、睡眠ホルモンと言われるメラトニンの分泌が関わってきます。

このメラトニンの生成には、セロトニンの分泌が必要となります。セロトニンの分泌には、トリプトファンが欠かせませんよね。

1日3食バランスよく食べることが睡眠の質の改善にもつながります。

 

主菜にあたるたんぱく質を多く含む食品を揃えよう

体内で作ることができない必須アミノ酸であるトリプトファンは、食事から体に取り入れなければなりません。

つい忙しいからといって、おにぎりやパンだけといった主食中心の食事になっていませんか?たんぱく質を含む主菜を揃えるようにしましょう。食事をバランスよく食べることで、自然とストレスが軽減されるかもしれません。
忙しいときでも手軽に食べられるようにストックしておくのもおすすめです。

牛乳やチーズ、豆乳、アーモンドなどを日々の食生活にプラスしてみましょう。食事でとれないときは、おやつ(補食)として選んでみましょう。

生活習慣を見直しながら、できるところから少しずつ改善し、ストレスフリーな毎日を目指しましょう。

 

 

【参考文献】

セロトニン 厚生労働省 e-ヘルスネット 

 

橋本歩

橋本歩

毎日の生活に欠かせない食を通じて、美味しく楽しく健康にモットーに食生活をサポートします。 いつもの食生活にちょっとの工夫をプラスして、健康な体作りのお手伝いをいたします。

関連記事