比留川杏弥

  • ビューティー

食事で防ぐ!肌の老化対策!

こんにちは。栄養士の比留川です。

皆さんは美肌のために、日頃どのようなケアをしていますか?
肌の状態により、実年齢よりも若く見える人、上に見える人がいますが、どうせなら、いつまでも若々しくいたいですよね。

遺伝子検査キット「IDENSIL」では、肌老化について調べられる項目があります。

今回は、美肌をテーマにご紹介していきます。

 

 

肌老化の原因は・・・?

肌が老化してしまう原因には、加齢、睡眠不足、喫煙、ストレスなど沢山ありますが、食事に関することで言うと、血糖値の急上昇・糖質を摂りすぎてしまうと老化に繋がります。

血糖値が上がり、皮膚のたんぱく質であるコラーゲン部分で糖化してしまい、肌のハリや弾力性が失われ、シワやたるみが生じてしまいます。
どのようなことかと言うと、食事やおやつを摂り、余った糖質が細胞などを劣化させてしまうのです・・・。

人は年を重ねることで、AGE(最終糖化生産物)が、体に蓄積されます。AGEの蓄積が進んでいる人は、健康な人に比べて糖尿病合併症やアルツハイマー病になりやすいとも言われていますので、血糖値を上手にコントロールして、病気はもちろんのこと、肌の老化を防ぎましょう!

 

 

血糖値を急上昇させないためのオススメの食事方法

上記に記載した通り、血糖値の急上昇を抑えることで、肌の老化を防ぐことができます。

食事でどのようなことに気を付ければ良いのか、下記にまとめましたので、ご参考にしてください。

・清涼飲料水を飲みすぎない

甘い飲み物や、缶ジュースには多くの砂糖が含まれています。

水やお茶、ブラックコーヒーにしましょう。

早食いをしない

早食いをしてしまうと、満腹感を得るのに時間がかかり、食べる量が多くなってしまいます。

食物繊維を多く摂取する

糖代謝を促し、糖の吸収を抑制するはたらきがあります。

食べる順番に気を付ける

高GI値の食べ物をいきなり食べ始めないで、食物繊維の多い野菜やタンパク質から食べる。

 

 

よく聞くGI値について

GI値とは、glycemic indexの略で、食後2時間までに血液の中に入る糖質の量を計ったものです。数字として表され、数字が小さいほど血糖の上昇が緩やかになります。

ご飯やパンなどの炭水化物を食べると、体内で消化吸収される過程で多くはブドウ糖に変えられ、エネルギー源になります。余ったブドウ糖は、膵臓から分泌されるインスリンのはたらきで、肝臓や筋肉組織などでグリコーゲンに変換され、いったん貯蓄されます。運動をしてエネルギーを消費するときは、グリコーゲンを分解し、再びブドウ糖を作りだし、血液中に供給します。

GI値は、調理や加工方法、他の食材との組合せや噛む回数などで変わります。食物繊維・油・お酢等と一緒に食べると低くなるので、やはり、食事のバランスの良さが大切ということが分かるかと思います。ご飯だけ、パンだけ、麺だけという食事にならないように、プラス一品でも良いので、必ず副菜を追加する方が望ましいです。

 

今日から日常生活に取り入れることができることばかりですので、いつまでも元気に過ごせるよう、気を付けてみてくださいね。

 

 

 

 

【参考文献】

からだサポート研究所

糖尿病ネットワーク

 

比留川杏弥

比留川杏弥

病院・高齢者施設での栄養士経験により、病院食・高齢者向けの食事提供を得意とする。 食事の大切さを改めて目の当たりにした事をきっかけに、より一層健康への興味・関心・意欲が高まる。 食事を楽しみながら健康になって頂く、そんなご提案ができるよう努めて参りますので、私と関わる皆様へ、お役立て頂けましたら幸いです。

関連記事